市民古代史の会・京都
キャンパスプラザ京都での講演会

・私たちの会は、日本の古代史を多元史観で研究している仲間が、歴史研究に相応しい街・京都でも集まる場を作ろうと、平成30年に発足しました。発足メンバーの多くは故・古田武彦氏の多元史観に影響を受けていますが、「多元史観って何?」という方の参加も歓迎します。
・当面の活動は、古代史に関する講演会を、毎月第3火曜日にキャンパスプラザ京都にて開催することを目標にしています。また今後、京都に残る遺跡・史跡巡りや、「続日本紀を読む会」の開催なども計画しています。
・講演会の参加は事前申し込みは不要です。昔、学校で習った日本の古代史は、なんだか変だった。と一度でも思ったことのある方は、いちど講演会をのぞいてみてください。

講演会の告知や、活動報告は、このサイトで行なっています。

講演会の事前申し込みは不要です。内容によって参加費用が500円ほどかかる場合があります。(キャンパスプラザ京都での催しは、キャンパスプラザ提携大学の学生は原則、無料です。)
活動報告
聖徳太子の人気に驚く。聖徳太子の人気に驚く。
平成31年2月19日(火)キャンパスプラザ京都演習室にて、講演会「聖徳太子と四天王寺」を開催しまし…