RAWAと連帯する会・アフガニスタン女性と教育支援・京都支部
                                 

所属行政区 なし 
団体区分 任意団体
団体名 RAWAと連帯する会・アフガニスタン女性と教育支援・京都支部
団体名 ふりがな らわとれんたいするかい・あふがにすたんじょせいときょうくしえん・きょうとしぶ

代表者
氏名 北垣 由民子
氏名 ふりがな きたがき ゆみこ
スタッフ数(役員) 3

連絡先
氏名 北垣 由民子
氏名 ふりがな きたがき ゆみこ
法人格  
 
住所  
電話番号 075-352-2758
携帯電話番号 090-1960-7684
FAX番号  
E-mail yu.kyoto@beach.ocn.ne.jp

基本情報
連絡方法  
ホームページURL http://rawajp.org/
活動分野 子ども、青少年、人権、平和、男女共同参画、国際協力、交流
設立年月日 2004年8月
会員数 260名
スタッフ数(有給) 0名
スタッフ数(ボランティア) 10名
会費 あり 年会費2,000円
定款・会則・規約の有無 あり
会員募集 会員募集中
愛称等 Friends of RAWA,JAPAN(フレンズ オブ ラワ ジャパン)
活動趣旨・目的 女性の自由と平等を実現するために、民主主義と政教分離を求め、1977年、カブールでアフガニスタン女性が設立した女性団体RAWA(Revolutionary Association of the Women of Afganistan)の支援と女の子の教育支援に力を入れています。
日本でのイスラム女性理解を求める活動をしています。
アフガニスタンから京都に来て住む家族の日常生活の手助けや相談もします。
団体PR 女性の自立と平和の実現を目指すアフガニスタン女性を支援しています。
現在は特に周辺国(パキスタン、イランなど)に住んでいたアフガニスタン難民の大多数が強制的に帰国させられ、再びアフガニスタン内で国内難民キャンプを作っている状態です。RAWAは国境のニングルハル州にできたシシェイワ難民キャンプに住む約300人の子供たちのための学校の支援を中心にしています。
現地学校への支援金を得るため手作りジャムやアフガニスタンのエスニックな品々でバザー出店しています。
具体的な活動内容 (1)RAWAが経営するナンガルハルの小学校支援
(2)RAWAが行う民主化運動支援
(3)女性の自立を求めるアフガニスタン女性の著作の翻訳と出版
(4)専門家やジャーナリストによるアフガニスタン問題講演会、現地取材報告会の主催
(5)アフガニスタン女性民主運動家の日本招聘
(6)イスラム世界の女性に関する知識と理解(読書会等)
(7)機関誌(ZINDABAD DEMOCRACY)発行
(8)スタディツアー
(9)アフガニスタン民芸品、会作成絵はがき、手作りケーキ、ジャム、アフガニスタン関係書籍販売

前のページへ戻る
京都市市民活動総合センター