久保川と天王山の森を守る会
                                 

所属行政区 なし 
団体区分 任意団体
団体名 久保川と天王山の森を守る会
団体名 ふりがな くぼがわとてんのうざんのもりをまもるかい

代表者
氏名 竹内 碩
氏名 ふりがな たけうち ひろし
スタッフ数(役員)  

連絡先
氏名 竹内 碩
氏名 ふりがな たけうち ひろし
法人格  
618-0091
住所 京都府乙訓郡大山崎町円明寺小倉口1-19
電話番号 075-957-5692
携帯電話番号  
FAX番号 075-957-5692
E-mail  

基本情報
連絡方法  
ホームページURL http://pub.ne.jp/kisanjimono65/
活動分野 子ども、社会教育、環境保全、まちづくり、市民活動支援
設立年月日 1998年6月
会員数 20名
スタッフ数(有給)  
スタッフ数(ボランティア)  
会費 なし
定款・会則・規約の有無 なし
会員募集 会員募集中
愛称等  
活動趣旨・目的 1998年、地域の希少種カリガネソウを保全する目的で会を結成。
久保川の清掃、その源流域天王山の竹林間伐とドングリの森を再生する目的で地域の小学校の環境教育に地元住民と協力して取り組む。
団体PR ホタル観察会やタケノコ掘りイベントを通じて地域の絆をつくりたいと活動を続けています。
具体的な活動内容 天王山周辺の筍(タケノコ)は乙訓の筍として関西では有名で、その竹林はこの地域を代表する美しい風景です。
しかし放置された竹林では枯れ竹が倒れて、密生した竹林が他の樹木を圧迫して枯死させ、被害が増大。竹林の中の常緑樹はもちろんのこと、林縁部でかろうじて生き残っている大木のシイ、ムクノキ、エノキ、山桜が生きたえだえになっています。

「久保川と天王山の森を守る会」では、天王山の再生をすすめるために、様々な森林整備をボランティアで行っています。

【季節ごとの主な活動】落葉樹の森整備、ドングリの森プロジェクト(小学校との連携事業)、カブトムシの育つ森整備、林縁に山桜の植樹、川の清掃とホタルの育つ環境保全活動、小学生の環境学習、タケノコ掘りのイベント

前のページへ戻る
京都市市民活動総合センター