京都ピアノとうたの音楽ひろば
                               

8/31(日)京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団「京都合唱発表会で推薦。いよいよ仙台へ!」

東日本大震災後、京都に避難してきた東北・関東の方々と、京都在住の方々とが集まり交流する「みんなのカフェ」が京都・伏見に誕生して1年半。京都と東北を結ぶカフェで始まった二つのワークショップ「みんなのうたごえカフェ」と「みんなの英語クラブ」。
ここで出会った人々と歌が縁になり、ワークショップの参加メンバーや、伏見地域の合唱団の応援団とで、今年6月「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」を結成しました。

8月31日(日)、京都市上京区にあります、京都こども文化会館エンゼルハウスで開催されました。「2014年京都府民音楽会(合唱・和太鼓の部)」に、「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」は、京都市伏見区の代表として出場させていただきました。私たちは、64団体が出場するこの大会で、東北をはじめとする被災地の復興を希って「花は咲く」を歌いました。

「花は咲く」を演奏する前、東日本大震災の避難者であり、みんなのカフェを運営する、一般社団法人みんなの手の代表理事である西山祐子さんが、京都在住の避難者の皆さんの状況や、自身の思いなどを発表してくださいました。
私たちは、この日のリハーサルで、西山さんが実際に発表される内容をお聞きしましたが、演奏するメンバーの何人かが目を潤ませながらのリハーサルとなりました。

13時50分、いよいよ本番です。舞台裏は緊張した雰囲気になっていました。
もちろん、指揮や伴奏を担当する当団体のメンバーも緊張感でいっぱいです。
さあ舞台へ!!6分30秒。私たちの大切な時間です。
18名が舞台へ上がり、「花は咲く」を心を込めて演奏してまいりました。

「京都と東北を結ぶみんなのカフェハーモニー団」の歌い手として、京都府大会では、八幡市で活動する合唱団ぱれっとの皆さんが、私たち合唱団の主旨に賛同し、共に演奏してくださいました。

ハーモニー団はいよいよ仙台へ!念願の全国大会への出場が決定しました。

11/24(月・祝日)宮城県仙台市の日立システムズホール仙台(仙台青年文化センター)で開催されます「2014日本のうたごえ祭典inみやぎ 合唱発表会 交流の部」で、京都に避難してきた東北・関東の方々と、京都在住の方々と一緒に「花は咲く」を歌ってまいります。
また、京都からだけではなく、現地東北在住の方々と一緒に歌うことも検討しています。

 
   

本番前の舞台裏。緊張が伝わってきます。

前のページへ戻る
京都市市民活動総合センター