京都技術士会
                             

2月度講演会

◇ 日時 2016年2月13日(土)
◇ 場所 ひとまち交流館京都
◇ 講演会 13:30〜17:00

●今回の講演会は、本年最初の例会という事もあり、特別講演として、京都大学大学院の塩谷智基特定教授を講師にお迎えして開催した。講演会の参加者は102名(内一般参加者19名)、新年会の参加者が74名(内一般参加者10名)と大盛況となった。

講演タイトル「インフラ構造物のi-NDT (先端非破壊検査)技術」
講師:塩谷智基 特定教授(京都大学大学院工学研究科/ 社会基盤工学専攻)
インフラ構造物の老朽化が顕在し,少ない予算で可能な限り延命化できる「予防保全」が必須のメンテナンス戦略とされている.「予防保全」の前提は軽微な損傷把握であり、今回は,インフラ構造物の現状を概観するとともに,超音波,AE,電磁波,光,そして画像などを利用した診断技術の基礎と最新の応用事例について講演頂いた.

終了後、新年会

 
   


前のページへ戻る
京都市市民活動総合センター