京都技術士会
                             

7月度講演会

開催日:平成30年7月21日(土)
開催時間:13時30分〜17時00分
場所:ひとまち交流館京都 大会議室
参加者:81名
講演1:「鋳物鋳造技術の紹介〜量産技術から3Dプリンター活用による造形技術まで」(講師:坪田博隆技術士(機械部門))
概要:長い歴史の中で,鋳物はいつの時代も重要な役割を果たしてきた。ものつくりのベースとなる現代の鋳造技術の中で,代表的な鋳物量産技術と3Dプリンター活用による最新の鋳物試作技術についての紹介があった。
講演2:「水素今昔物語・・・水素社会は来るのか?」(講師:伊藤 博技術士(化学部門))
概要:水素を利用する燃料電池が環境に優しい技術として注目されている。しかし水素の主たる製造法は化石燃料を原料とする熱化学反応でありCO2を排出する。しかも,発電までの工程が長く,エネルギー損失が大きい。本講演では水素の特性と製造技術,原子力や再生可能エネルギーとの接点,高圧水素化反応および最新の水素利用技術の紹介があった。

 
   

  坪田博隆講師
  伊藤博講師

前のページへ戻る
京都市市民活動総合センター