ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > 団体活動報告 > 京都傾聴講座【基礎編】
京都傾聴講座【基礎編】

2011年7月6日 13日 27日  8月3日
会場:みやこメッセ


心理カウンセラーの視点から捉えた
  
傾聴講座を開催いたしました!!

第1回目
傾聴とは

ダダひたすら、話しての話しに耳を傾けて聴くこと!!

「聴く」「聞く」「訊く」の違いは・・・・

言葉で伝わること・・・内容、あらすじ
態度で伝わること・・・非言語、身振り手振りなど
第1回目では、傾聴の基本を学びました
第2回目
受容と共感

受容・・・・相手を受け入れる
共感・・・・共に感じる、何を? 話し手の世界を
相手の考えや感じに合わせようとしない、シンプルに考え
『そのまま』を受け止め、返す


話し手さんの話を聴くときは

自分の価値観をはずして
話を、共感的理解をもって聴く
第3回目

こころが通うコミュニケーションとは

自分の価値観を外し、考え方や感情のストライクゾーンを大きくすることで、聴き手さんは、話し手さんの心の寄り添い傾聴できるようになります

傾聴の基本

1、あいづち
2、うなずき
3、繰り返し
第4回目

自分を知る、心理テスト

私たちは両親又は、親的立場の人たちから教えられた、考え、感情、行動を取り入れ成り立つ
人間のこころの中に「3つの自分」が居ると言う


他者を知る前に、まずは、
自己理解から・・・

自分の優位性を知ることから始めます

皆さん真剣です
たくさんのロールプレイ体験をしました
振り返りの時間もたくさんあり、参加者同志のコミュニケーションも高まりました

参加者の感想
・いろいろ学べました、4日間ありがとうございました
・相手の気持ちをくむ(受け取る)傾聴を心がけようと思います
・勉強になりました、聴くことが難しいことを実感しました
・人に日常的に興味を持つことができるようになってきました、この経験をどう生かしていくかを考えていきたいと思います
・エゴグラムで自分を振り返ることができ大変興味深かった
・ロールプレイでの先生のアドバイスはとても参考になりました
・これからも京都でもっと講座をして欲しいです
・傾聴講座は本当に行って良かったです、なによりも、ロールプレイの時に、各グループに必ず一人ずつ先生が付いていてくれて、指導をしてくれるというのが良かったです。血の通った講座だと強く感じました。
などなど
この情報は、「kun こころの宮[京都支部]」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ