ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > 環境への取り組み状況報告 > 環境への取組みについて
 京都市市民活動総合センターの管理・運営を行なっている「特定非営利活動法人きょうとNPOセンター」は、環境負荷の低減に努めています。
 2005年8月1日には、KES(環境マネジメントシステム・スタンダード)ステップ1の認証を取得しました。

環境宣言

特定非営利活動法人きょうとNPOセンター

基本理念
 特定非営利活動法人きょうとNPOセンターは、地域の未来を担うNPO・市民活動において、持続可能な社会を実現するためには、地球環境の保全が欠かせない課題のひとつであることを認識し、全組織を挙げて環境負荷の低減に努力します。

方針
 特定非営利活動法人きょうとNPOセンターは、様々な社会的課題に携わるNPO・市民活動団体の支援組織として、全ての事業活動における環境影響を低減するために次の方針に基づいて環境マネジメント活動を推進し、持続可能な社会の実現を目指します。


1.組織の活動、事業及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境負荷の低減に努め、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。

2.組織の活動、事業及びサービスに係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。

3.当法人の運営に係わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
(1)環境啓発活動
(2)環境負荷低減を目的としたマネジメント体制づくり
(3)省エネ化

4.すべての役員・職員が環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、本宣言を周知するとともに、組織の活動を通して広く地域へ公表します。

5.環境保護に携わるNPO・市民活動団体と連携しながら、地域の環境保全活動に積極的に参画します。


 上記の方針達成のために、目標を設定するとともに定期的に見直しを図りながら、環境マネジメント活動を推進することを宣言します。

制定日 2005年4月1日
改定日 2012年8月1日
特定非営利活動法人 きょうとNPOセンター



KESとは
「環境マネジメントシステム」の規格であり、企業等の経営に環境への負荷を管理・低減するための仕組みです。
*詳細はこちら→http://www.keskyoto.org/
この情報は、「統括団体」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ