ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > 団体活動報告 > 傾聴ボランティア養成講座【実施体験型】
傾聴ボランティア養成講座【実施体験型】

第2回傾聴ボランティア養成講座【実施体験型】
2011年9月10日から11月27日までの3カ月間
計6回開催
会場:社会福祉法人 三秀會・甍ホール

詳しい報告は
http://www.kun-kokoronomiya.org/23keityou.html

第1回 23年9月11日(日)
テーマ 傾聴とは・心理テスト

参加者の感想

・新鮮で楽しかったです、テーブルで一緒になった参加者の方々のいろんな面に振れたのが興味深い体験でした
・参加型の講義なので・・せっかくの日曜日、涼しいところで講義を聞きながらウツラウツラして有意義な日を過ごそうと思っていたのに・・目がすっかり覚めてしまいました。本当の意味で有意義なお休みの1日でした
・10人による他己紹介は非常に面白かったです
・傾聴ボランティア養成講座に始めて参加しました「聞く」と「聴く」の違い分かりやすく学べました
・エゴグラムで新しい発見ができ、他己紹介でいろんな方々に自分の紹介をして頂き、他人の目線がわかり新しい発見ができました
・自分の性格が依然と少し変わって来ていることがエゴグラムで分かったので嬉しくなりました
・講師の先生の明快な説明でよく解りました、時に他己紹介が勉強になりました
・価値観の違う人たちとテーマを共有できて充実しました
・とても分かりやすく、初対面の方々との時間も楽しく勉強することがでました

などなど
第2回 23年9月25日
テーマ 傾聴の基本・コミュニケーション

参加者の感想

・こころの窓を開いていろんな風を感じて良い傾聴ができるようになりたいです
・何度か話題に上がっていたが「繰り返し」はやはり難しい、また自然体で話を聴くことで信頼関係を築くことがで 
 き、スムーズな傾聴ができることを学んだ
・傾聴を知識として学んでもなかなか実践できる機会が少ないので今回ワークに参加させていただいたことで改めて
 自分自身の問題を見直すことができ、そして他の方の傾聴の様子を見て勉強になり、皆さんの気づきを聴いて私自 
 身の気づきがありました
・傾聴、一方向でなく、コミュニケーションだと感じました
・初めての人とコミュニケーションをとるって難しいと思いました、第一段階のうなづき、相づち、繰り返しが無心
 ではできず頭で考えてしまう事を気づきました、心を耕す、素敵な言葉ですね、自分も耕し続けようと思いました
・三人での体験で改めて聞く、聴くことの難しさを感じました、皆さんのお話もとても参考になりました

などなど
第3回 23年10月9日
テーマ 対話練習

参加者の感想

・毎回難しいと感じ、毎回新しい気づきもあり学びを深めたいと思います
・今日も充実した内容でした、だんだん難しくなってきた感じです。今までの自分はコミュニケーションは得意だと思っていましたがとても浅薄だったと感じています。本当にこの講座に出会えて良かったです
・なんとなく少し解ってきたような気がします「傾聴」することは、こころを真っ白にすることなんだなぁ〜
・前回同様傾聴に徹するという事が難しく途中で自分の思い込みで話をというか・・・口をはさんでしまう事があり反省しきりです
・今回の閉ざされた質問を行ってのロールプレイは、気持ちが重くなるのが解りました、開かれた質問を使うとお話がスムーズに続くのを体験できました
・閉ざされた質問のロールプレイは難しかったです。すっかり日常会話になっていました
第4回 23年10月23日
テーマ 聴き手の技法・施設での傾聴体験

参加者の感想

・前半のロールプレイでは相変わらず上手に傾聴ができなくて落ち込みましたが、2階での実習では、ご本人がだんじりの事や子どもの時のお祭りの楽しかったことや、戦争体験等々次々に話してくださって相づちや、繰り返しをすることができました
・今日は、傾聴実習ができて良かったです。なじめてなのでどうなるのか緊張して行きましたが何か話を聴かなくては・・・と思ってしまうのですが、話をするだけでなく、側にいることでもいい、寄り添うということに中味を考えました、いろんな寄り添い方があるんだなと思います
・初めて実施体験をさせて頂いて「お話を聴いてくれてありがとう、スッキリしたわ、また来てね」と利用者さんに言われた事が、本当に嬉しかったです。始めは不安でしたが、こういう経験ができて良かったです
・初めて傾聴体験をしましたが30分が少し長く感じられましたが、利用者の方のお話の中で『私とても幸せなの』と何度も繰り返し話されていて私の方まで幸せになり、元気を頂きました

などなど
第5回 23年11月13日
テーマ 聴き手の技法・施設での傾聴体験

参加者の感想
・ロールプレイA・B・C・で大変勉強になりました。自分では気づいていないところが解って本当に解って良かったです
・施設の方々とお話ができて良かったです。自分も30年、40年、50年後、我が道だと思いました。
・相手の答えに対して深める質問をすること、起きたこと、物を聴くのではなく、その時どう思ったのか、気持ちを聴く事を学びました
・前回の実施体験と同じ方で、にこやかに迎えてもらえました、しかしお話を聴かせてもらう段になって目が合わず話題を振っていく中で不安になりましたが、お好きなことに話が広がりました
・体験前のロールプレイが大切であることが良く解りました。ロールプレイでの気づきがあり良かったです
・相手が嬉しいという感情と言われた時に上手に聴き返せずに自分の言葉で返してしましました
・施設での体験でしたが、2人の間の沈黙の時間もあって良いというのが解りました
・実体験を重ねられていることに充足感があります

などなど
第6回 23年11月27日(日)
テーマ 自己分析と振り返り

参加者の感想
・アッという間の三カ月間でしたが一口でいえば‘来てよかった’という思いです。傾聴の基本を繰り返し教えて頂いたように思います、今後の生活に役立てていきたいと思います。ありがとうございました
・5回参加させていただき改めて傾聴の難しさを感じました。おしゃべりの苦手な人から傾聴させてもらうのをもっと勉強したいと思います
・講座に来るたびに気づきがあり、まだまだ学びが必要だと感じています
・自分自身の傾聴に対する思いが、ロールプレイなどで苦手な部分、得意な部分、注意する部分がはっきりし、改良すべき点がはっきりしました。とても充実した講座だったので2回休んだことを後悔しております
・講座の最初と最後に自分分析を体験して良く当たっていると同時に傾聴ボランティアとして活躍して行く上でもっと自分の弱点を克服する必要性を感じています
・最後の最後までしっかりアドバイスを頂くことができ、ありがとうございました
・傾聴を学ぶことで自分自身と向き合うことができ、多くの学びがありました
・技法を実践的に繰り返し使えたことで以前よりも焦りを感じずに話が聴けるようになった感じがします
・改めて回を重ねるごとに傾聴の難しさを感じました。傾聴って自分を見つめ直すことであり、生き方だなあと思いました。毎回たくさんの人との出会いがあり、新しい発見もあり楽しかったです

などなど
この情報は、「kun こころの宮[京都支部]」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ