ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > 市民活動Q&A > NPO法人化の手続きは?
Q. NPO法人化の手続きは?
A. 今まで任意団体として活動していた組織をNPO法人化するまでの流れについては、大きく次のようになっています。

(1)準備会等の発足 
今までの活動内容を整理し、設立の趣旨や目的(ミッション)、活動内容等NPOの根幹となる部分を検討し、もう一度組み立ててみます。任意団体の時には明確でなかったかもしれないミッションをメンバーで十分に話し合ってください。何度も議論を重ねることで、団体としての目的が明確になりメンバー同士の意思疎通もできてきます。法人化をする際に、一番重要なことかもしれません。また、法人の事業や予算などを検討し、法人設立認証の申請に必要な書類の準備をします。

(2)設立総会の開催
自分たちの団体をNPO法人化することを決定したなら、まず最初に設立総会を開きます。設立総会ではNPO法人としての要件を満たしていることを確認したうえで、これまで準備してきたものを提案し、定款、事業計画や予算、役員などを決め、議決をとります。

(3)所轄庁への申請
準備した必要な書類を所轄庁へ提出します。所轄庁は、団体の事務所の所在地の都道府県知事となります。ただし京都市内にのみ事務所置く場合は京都市が窓口となります。なお事務所が2つ以上の都道府県にある場合は主たる事務所がある都道府県知事が所轄庁となります。
 所轄庁で申請が受理されれば、2ヶ月の縦覧期間があります。一般に公開して市民の意見も聞きますという趣旨です。縦覧が終わると、書類審査が行われ2ヶ月以内に認証・不認証が決定されます。書類に不備のない限りは申請してから4ヶ月以内に認証されることになります。
なお、法人申請に関する相談は、京都市市民活動総合センターや京都府府民生活部府民力推進課、特定非営利活動法人きょうとNPOセンター等で行っています。

*設立時に提出が必要な書類については下記のサイトをご確認ください。
京都市 文化市民局地域自治推進室市民活動支援担当
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000123812.html
京都府 民生活部府民力推進課
http://npo.pref.kyoto.lg.jp/npo/syorui/setsuritu.html 
この情報は、「統括団体」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ