ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > 団体活動報告 > 京都府 城陽市社会福祉協議会主催
京都府 城陽市社会福祉協議会主催

        傾聴ボランティアグループ『コスモス』 

            スキルアップ講座

      2012年12月22日(土) 講師:長原洋子 増田安里

             詳しくは kunこころの宮HP
        http://www.kun-kokoronomiya.org/zyouyou2.html



 
   

3月に「傾聴ボランティア養成講座」が終わり、城陽市傾聴ボランティアグループ「コスモス」が立ち上がりました。

今回スキルアップ講座を開催することになったのは、
施設訪問だけでなく、独居老人宅への「在宅訪問」の計画をされていて、ボランティアグループ内の学びを深めるための内部研修を行いたいと言う事での依頼です


3月に開催した復習 

「傾聴」「敬聴」「受容」「共感」
・うなづき ・相づち ・くり返し

新たに、「こころのフイルター」自分はどんな色のメガネを付けているんだろう?と知ることの大切さ、
そして、話し手の話をしっかり聴くことで得られるものは・・・・などお伝えしました
2つのグループに分かれて、「成り切りロールプレイ」

それぞれに、男優・女優に成り切り演じてもらいました

参加者全員での分かち合いでは、たくさんの気づきがありました

・ロールプレイの時に講師からの介入があったので具体的に聴くことができた

・自分の聴き方の癖が発見でき、足らないところが見えてきた

・話し手のイメージ、聴き手のイメージを自分で作っていることに気づけた  


などなど
参加者の感想

●改めて、自分を見つめ直す時間が持てて本当に良かったと思います。チェックポイントが具体的に分かったので、毎日の生活の中でも注意して行けると思います。楽しく学習できる雰囲気なので、これからもできる限り参加させていただきたいと思います

●非常に参考になりました。今まで行ってきた経験以上の課題を与えられ、高度な応答に必要性を感じました。これを期に聴き手としてのテクニックをもっと勉強します

●自分の傾聴を振り返る良い機会になりました。傾聴は、難しいものだとつくづく思いました。話の中で話し手の気持ちを聴きとることは難しいですね

●傾聴の仕方を学び自分の悪い癖を教えて頂くことができました。自分の気持ちを相手におしつけないで相手が何を聴きたいのか、何を望んでいるのか知ることが大切で、言葉かけの仕方を学ぶことができ今後の活動に実践していきたいと思いました。講師の先生の助言が解りやすく勉強になりました

●とても身につきました。今日は思っていたことが解りました。これからも先の事が解るような話し方を教えてください。難しいようですが、分かってくると楽しくできるような気になります

●自分の癖や、役になりきる=相手になりきる。と言う事がとても大切であり、今後の自分の課題も見つけることができて大変勉強になりました。少人数でのロールプレイはとても実践的で勉強になりました。ありがとうございました

●まだまだ経験を積む必要がある ・自分の癖 ・○×で自己評価しようとするなど、いろいろな気づきがありました。

●自分の癖を実感した。ついアドバイスしなければと思ってしまうのでもっと勉強していかなければと思いました

参加者の皆さんの、たくさんの気付きが私たち講師の学びにつながります
ありがとうございました
この情報は、「kun こころの宮[京都支部]」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ