ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > イベント・講座の開催 > 外出時、携帯する<救急医療情報キット>を作りませんか?
件名 外出時、携帯する<救急医療情報キット>を作りませんか?
ひとことメッセージ 119番したとき、言葉がしゃべれないときでも、自宅の冷蔵庫に救急医療情報キットを作っておけば、安心です。さらに、外出時に気分が悪くなったとき、携帯用の救急医療情報キットがあれば、さらに安心です。 
内容 当会では、これまで、自宅で体調をこわしたときに備える、
<救急医療情報キット>の作り方を紹介してきましたが、

体調が悪くなるのは、自宅でと限ったことではありません。

それで、カバンの中に入れて持ち歩くタイプの、携帯用の
<救急医療情報キット>を一緒に、作って、2つ用意すれば
どこで気分が悪くなっても、安心ではないかと、
HPのほうで、作り方、材料など、ご紹介しました。

外出時に倒れたときでも、カバンを開ければ、
すぐに目に入るように、目立ちやすいものになってます。

HPから、データをダウンロードすれば、だれでも
自宅のPCとプリンターで簡単に作れます。

HPからデータをダウンロードして、自宅用&
携帯用の<救急医療情報キット>を作ってみませんか?

自分用に、ひとつ、作ってみるのもいいですし、
町内会、自治会、高齢者サロン、訪問介護事業所さん、
などで、高齢者や利用者さん向けに、みなさんで作ってみては
いかがでしょうか? 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
地図
 
問い合わせ先 tomoy913@nifty.com 
主催 京都救急医療情報キットを作る会 
関連URL http://kyoto119kitto.com 
この情報は、「京都救急医療情報キットを作る会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ