ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > 団体活動報告 > 7月度講演会
7月度講演会

◇ 日時 2016年7月16日(土)
◇ 場所 ひとまち交流館京都
◇ 講演会 13:30〜17:00
◇ 参加者:82名

講演1 「水」関連技術の探索
講師 野口 宏 技術士(建設、総監、環境、応用理学部門)
全国各地で水関連の業務に携わってきた中で講師が探索してきた、水関連の技術について解説して頂いた。
講演2「水素利用技術の将来性について --健康から電池・消毒・防爆・武器まで--」
講師 近藤 穆 技術士(金属部門)
水素とは、周期律表、燃料電池、水素を頭に当てると白髪が黒髪に戻る?過酸化水素水、水素は爆発する?等の身近な話題や水素爆弾、発生した水素の保存は出来るか等について解説して頂いた。
講演3「火炎燃焼から無炎燃焼まで/エネルギー利用と環境」
  (副題)筆者の爆発事故経験のケーススタディーを含めて 
講師 鈴木 次郎 技術士(機械部門) 
火炎燃焼の原点である「灯心式石油ストーブ」と無炎燃焼の応用例や、「触媒燃焼や燃料電池」の開発経験を通じて”化学反応としての燃焼”解説して頂いた。
講演後、酔心京都駅前店で懇親会を実施。


 
   

この情報は、「京都技術士会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ