ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > 団体活動報告 > 京都まちづくり・お宝バンク「No.149おなかの赤ちゃん子育て応援」進捗状況2
お宝バンク(京都市総合企画局)提案事業「おなかの赤ちゃん子育て応援」進捗状況

日本胎教協会では、産まれる前からの子育てを応援しています。

※日本胎教協会では、胎教とは「おなかの赤ちゃんによい環境づくり」と定義しています。

「よい胎教で、幸せな家庭、住みよい街」という思いで活動をしてまいりました。

胎教とは、をはじめ、
よい胎教のメリットについては、
こちらのWebサイトでご確認ください。
http://taikyo-jp.net/


少子、高齢など社会課題の解決に向けて、
京都市が募集されていた
お宝バンク(京都市長公室→京都市総合企画局へ移行)」に「おなかの赤ちゃんの子育て応援」を提案後、これまで京都市、支援者、援助者の方々と共に、活動してまいりました。

今回は、京都市「まち・ひと・しごと・こころ京都創生」(京都市総合企画局)お宝バンク提案事業「おなかの赤ちゃん子育て応援(提案:日本胎教協会)」の取組進捗状況を報告いたします。

・2017/5/7 お宝祭 終了レポート
(日本胎教協会Web)
http://taikyo-jp.net/otakara.html


・2017/5/7 お宝祭 終了レポート
(京都市民総合活動センターWeb)
http://shimin.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk14/pub/sheet.php?id=98192

・2017/5/7 お宝バンク進捗報告
(京都市総合企画局)
https://tsukuru-kyoto.net/progress/%E8%83%8E%E6%95%99%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%80%8C%E3%81%8A%E5%AE%9D%E7%A5%AD%E3%80%8D%E3%81%8C%EF%BC%95%E6%9C%88%EF%BC%97%E6%97%A5%EF%BC%88%E6%97%A5%EF%BC%89%E3%81%AB/

・2017/8/28〜12月 
京都市の伴走型支援プロジェクト採択
(Webサイトまちとしごと総合研究所:http://machigoto.org/2017/08/28/minnagoto2017-3/


・胎教講習モニター
日本胎教協会が主催する胎教アドバイザー®養成講座では、
胎教講習の模擬レッスンを開催いたします。
90分×3回の胎教アドバイザー®による胎教講習の内、第1回目の最初の導入部分を「おなかの赤ちゃんとご家族(パパ、ママ、ご兄弟)がテキスト代800円のみで参加できます。





京都市「まち・ひと・しごと・こころ京都創生(京都市総合企画局)」お宝バンク提案事業「おなかの赤ちゃん子育て応援(提案:日本胎教協会)」の取組進捗状況を報告いたします。提案の実現に向けて、2017年8〜2018年1月、京都市の伴走型支援プロジェクトの団体に日本胎教協会が選ばれました。


2017/8/31 19〜22時
【第1回目】
(facebookページ 
「活動進化プログラム -”
みんなごと”のまちづくり推進事業」より抜粋
https://www.facebook.com/katsudoshinka.minnagoto/posts/1221387094673284

伴走型プロジェクトが始まりました! //
活動進化プログラムのもう1つのプロジェクト
5つの団体の皆さんとともに伴走をしながら
京都の未来も良くなる事業を創り出していく
新たな試みが昨夜スタートし始めました!


今年の新たな取り組みに向けて、京都市、まちごと総研、伴走者と、5つの"京都発の社会を変えるチーム"が、ひとつのサークルとひとつのテーブルで話し始めた初夜となりました。

【後方(左から)】
・京都市ソーシャルイノベーション研究所
・まちごと総研
・京都市総合企画局6名
(お宝祭では、大変お世話になりました!)

【前方(左手前から)】
『 取り組みテーマ 』
京都市まちづくり「お宝バンク」提案事業実現化に向けて

・就労移行支援事業所スマイルプラス烏丸御池
『地域に障害者の方、hikikomoriの方の居場所を作る』

・日本胎教協会
『「おなかの赤ちゃん」子育て応援』

・まちごと総研 東 信史氏

・京都保護観察所

・西喜商店
『廃棄野菜を使いきるフードロス対策』
・(社)京都映画文化芸術研究所
『歴史的に貴重なフィルムの保存 / 活用』
・京都府更生保護女性連盟
『生きづらさを抱える若い女性や少女の支援』

▶日本胎教協会Webページ
http://taikyo-jp.net/
2017/9/6 19〜22時

【第2回目】
(facebookページ 
「活動進化プログラム -”
みんなごと”のまちづくり推進事業」より抜粋
https://www.facebook.com/katsudoshinka.minnagoto/posts/1225057277639599

『伴走型プロジェクト』の活動の第2回目が開催され、
前回生まれた『京都発のプロジェクト』を生み出していくための
最初の一歩を踏み出すうえで、
今回は改めて参加団体のみなさんが
『なぜ、その未来を実現したいと思ったのか』の背景に
触れるストーリーテリングとインタビューを行いました。

『実現したいこと』だけではなく、
その先の未来にどんなことを描かれているのかや、
みんなにとって大事だと思えるポイント、
そう思った背景や原体験について伺っていくことで、
その活動があることや実現することの意味を探っていきました。


●伴走型プロジェクト参加団体/取組みテーマ

(社)京都映画文化芸術研究所
『歴史的に貴重なフィルムの保存 / 活用』

京都府更生保護女性連盟
『生きづらさを抱える若い女性や少女の支援』

就労移行支援事業所スマイルプラス烏丸御池
『地域に障害者の方、hikikomoriの方の居場所を作る』

西喜商店
『廃棄野菜を使いきるフードロス対策』

日本胎教協会
『「おなかのあかちゃん」の子育て支援』

▶プロジェクト参加団体の取組提案はこちら
http://machigoto.org/2017/08/28/minnagoto2017-3/

▶日本胎教協会Webページ
http://taikyo-jp.net/


2017/9/20 19〜22時

【第3回目】
(facebookページ 
「活動進化プログラム -”
みんなごと”のまちづくり推進事業」より抜粋
https://www.facebook.com/katsudoshinka.minnagoto/posts/1233995090079151

『京都発のプロジェクト』をつくりだしたい。
『持続的な解決モデル』をつくりだしたい。
『異なるセクター』と『一歩をつくる』。
そんなキーワードをもとに、お互いに話し合い
想いやアイディアをブラッシュアップしたことで
これまでと違ったアクションが見えてきたような
全3回のセッションとなりました。
さて、ここからは各団体がそれぞれのプランを伴走者を
見つけ実現に向け動き出します!


●伴走型プロジェクト参加団体/取組みテーマ

(社)京都映画文化芸術研究所
『歴史的に貴重なフィルムの保存 / 活用』

京都府更生保護女性連盟
『生きづらさを抱える若い女性や少女の支援』

就労移行支援事業所スマイルプラス烏丸御池
『地域に障害者の方、hikikomoriの方の居場所を作る』

西喜商店
『廃棄野菜を使いきるフードロス対策』

日本胎教協会
『「おなかのあかちゃん」の子育て支援』

▶プロジェクト参加団体の取組提案はこちら
http://machigoto.org/2017/08/28/minnagoto2017-3/

▶日本胎教協会Webページ
http://taikyo-jp.net/
この情報は、「日本胎教協会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ