ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > イベント・講座の開催 > 全国シンポジウム「市民が進める温暖化防止2017」ーパリ協定実施のための持続可能なエネルギー・市民のちからー
件名 全国シンポジウム「市民が進める温暖化防止2017」ーパリ協定実施のための持続可能なエネルギー・市民のちからー
内容 【詳細・お申込み】http://www.kikonet.org/event/2017-12-09

今年は、京都議定書の採択から20年を迎えます。2016年には「パリ協定」が発効し、世界の社会・経済は化石燃料に依存しない「脱炭素社会」を実現する時代に突入しました。同時に、世界の再生可能エネルギーが急速に普及していて、すでに、再生可能エネルギー100%に向けた流れも加速しています。アジア地域でもエネルギー政策の転換がおころうとしています。

今回のシンポジウムでは、パリ協定が求める1.5℃目標に関する科学・国際交渉の最新動向を共有し、アジアにおけるエネルギー政策の動向、再エネ100%実現にむけた課題と展望などを学び、脱炭素社会実現ためのステップについて考えます。

【日時】2017年12月9日(土) 10:30-17:30

【会場】龍谷大学 深草キャンパス(京都市伏見区) 22号館-301教室

【プログラム(予定)】
第1部 パリ協定 1.5℃の意味 気候変動の科学と国際交渉
講演 気候変動の科学から 江守正多さん(国立環境研究所 地球環境研究センター(気候変動リスク評価研究室)室長)
講演 国際交渉の視点から 山岸尚之さん(WWWFジャパン気候変動・エネルギーグループ長)

第2部 脱原発・脱炭素に向けたアジアのエネルギー政策
ゲスト 韓国:韓国環境運動連合KFEM
    台湾:洪申翰(Hung, Sun-han)さん(竸Ц民行動聯盟、Green Citizens' Action Alliance)
    日本:平田仁子さん(CAN-Japan代表、気候ネットワーク理事)
  
第3部 再エネ100%をめざす自治体・企業
登壇者:和田武さん(和歌山大学客員教授、自然エネルギー市民の会代表)
    磯部達さん(みやまスマートエネルギー代表取締役)
    鮎川ゆりかさん(千葉商科大学教授)
    関昇一郎さん(長野県環境部長)
    他

京都議定書採択20周年記念懇親会
時間(予定):18:00から20:00
会場(予定):龍谷大学 深草キャンパス 22号館
参加費:4,000円 【要事前申込み】

【参加費】会員・学生無料、一般500円
*当日入会いただければ会員価格(無料)で参加いただけます。

【お申込み】https://goo.gl/TSBE76
 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
対象 関心のある方 
参加費 会員・学生無料、一般500円 *当日入会いただければ会員価格(無料)で参加いただけます。 
日時 2017年12月9日 
場所 龍谷大学 深草キャンパス(京都市伏見区) 22号館-301教室 
地図

(画像をクリックすると拡大します)
地図のURL http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html 
申込方法 https://goo.gl/TSBE76 
問い合わせ先 認定NPO法人 気候ネットワーク 京都事務所
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
MAIL:kyoto@kikonet.org
 
主催 気候ネットワーク 
関連URL http://www.kikonet.org/event/2017-12-09 
この情報は、「気候ネットワーク」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ