ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > イベント・講座の開催 > 質問するカフェ IN ひと・まち交流館 京都
件名 質問するカフェ IN ひと・まち交流館 京都
ひとことメッセージ 質問づくりで「越境する学び」をご一緒に! 
内容 「問いかける技術 確かな人間関係と優れた組織をつくる(エドガー・H・シャイン著)」でABD×QFTハテナソン!

ABD(Active Book Dialogue)とQFT(Question Formulation Technique)の手法を使ってすすめます。本がなくても、あらかじめ読んでいなくても、楽しくじっくり参加していただけます。ABDやQFTに関心のあるかた、ハテナソンに関心のある方、テーマ図書に関心のある方、などなどのみなさまにご参加いただけたら、と思います。おやつを食べながら,ご一緒に〜

◇テーマ図書(質問の焦点):問いかける技術 確かな人間関係と優れた組織をつくる(エドガー・H・シャイン著)、金井壽宏(監訳)、原賀真紀子(訳)、出版社: 英治出版
◇日時:10月28日(土)18時30分〜21時00分(開場:18:15)
◇場所:ひと・まち交流館 京都 2階第1会議室(〒600-8127 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1)
◇参加費:2000円(ネットで事前登録・支払、または当日現金払い)
◇持ち物:課題図書「問いかける技術 確かな人間関係と優れた組織をつくる(エドガー・H・シャイン著)」(持ってこなくても大丈夫ですが、持参いただく方が理解が深まります。)

◇主催者/ファシリテータ サトーケニチ(NPO法人ハテナソン共創ラボ)

【ハテナソンについて】質問や疑問を意味する“はてな(?)”とマラソンを組み合わせた用語で、特定非営利活動法人ハテナソン共創ラボ(京都市:2017年6月に設立認証)のサトーケニチこと佐藤賢一が2016年に造語しました。

【ABDについて】アクティブ・ブック・ダイアローグ(ABD)とは、竹ノ内壮太郎氏によってオリジナル開発された、新しい参加型読書会の手法です。

【QFTについて】Question Formulation Technique(QFT)とは、ダン・ロススタイン氏とルース・サンタナ氏が協働開発した「質問づくり」手法です。

みなさんと「越境する」のを楽しみにしています!

お問い合わせ先:NPO法人ハテナソン共創ラボ
・メール:hatenathon.office@gmail.com
・ホームページ:https://peraichi.com/landing_pages/view/hatenathon 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
対象 関心のある方 
参加費 2000円:(1)イベント告知サイトPeatix(http://peatix.com/event/306721/view)で登録・お支払いいただく、または(2)問い合わせ先メールにご一報いただき、イベント当日現地で現金払いいただく。 
講師 サトーケニチ(NPO法人ハテナソン共創ラボ) 
定員 15名 
日時 2017年10月28日 18:30〜21:00 
場所 京都市下京区 ひと・まち交流館 京都 2階第1会議室(住所:〒600-8127 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1(河原町五条下る東側)) 
地図
 
申込方法 イベント告知サイトPeatix(http://peatix.com/event/306721/view)での事前ご登録いただくか、または下記問合せ先メールに事前にご一報ください。 
申込締切 定員に達した場合など、締切る場合があります。 
問い合わせ先 NPO法人ハテナソン共創ラボ
電子メール:hatenathon.office@gmail.com 
主催 ハテナソン共創ラボ 
関連URL http://peatix.com/event/306721/view 
この情報は、「ハテナソン共創ラボ」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ