ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > イベント・講座の開催 > ワークショップ「もし、自分が難民になったら…」国外避難・入国管理局収容編
件名 ワークショップ「もし、自分が難民になったら…」国外避難・入国管理局収容編
ひとことメッセージ 2月3〜4日、大阪・扇町公園周辺〜北区民センターでワン・ワールド・フェスティバルが今年も開かれます。
RAFIQも今年両日ともブース出展し、4日はワークショップを行います。
ブースは北区民センター2階の会場内です。皆さんのご来場とご参加をお待ちしています。
ワークショップでは、難民になった気持ち、難民となった自分が日本の入管施設に収容される体験が味わえます。
 
内容  日時:2月4日(日) 14:00〜15:00
 場所:大阪北区民センター 会議室5・6
    (ワン・ワールド・フェスティバル会場内)
 定員:約40名(難民問題に関心のある一般の方)
 参加方法:直接会場に起こしください
 内容:
 (両方同時に行います。入室までにどちらかを選んでください。約40分)

【国外避難編】
突然母国から逃れなければならなくなったら、あなたは何を持って逃げますか?
避難する過程の擬似体験を通じて、難民になる気持ちを体験していただきます。

【入国管理局収容編】
RAFIQが支援している難民も入国管理局での収容を経験しています。
日本ではほとんど知られていない入国管理局収容場での1日を想像していただきます。
 
イメージ画像  
参加費 無料 
講師 RAFIQ、若手グループ「GLORRYメンバー」 
定員 40名 
日時 2018年2月4日(日)14:00〜15:00 
場所 大阪北区民センター 会議室5・6(ワン・ワールド・フェスティバル会場内) 
地図
 
地図のURL http://www.interpeople.or.jp/owf/access.html 
申込方法 当日会場に起こしください 
申込締切 当日会場に起こしください 
問い合わせ先 RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
mailto: rafiqtomodati@yahoo.co.jp
〒532-0002 大阪市淀川区東三国4-9-13 なんみんハウス
TEL・FAX: 06-6335-4440  
主催 RAFIQ 
関連URL http://rafiq.jp/active/GLORRY_seminar.html または http://www.interpeople.or.jp/owf/program.html 
この情報は、「RAFIQ」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ