ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > お知らせ > 3月17日(土)〜 明治 大正 昭和 を生き抜いたヴォーリズ夫妻の生涯 〜(しみセン春の公開講座 第 2 部)
件名 3月17日(土)〜 明治 大正 昭和 を生き抜いたヴォーリズ夫妻の生涯 〜(しみセン春の公開講座 第 2 部)
内容 ◆しみセン春の市民公開講座◆
今回は、二人の個性あふれる講師をお招きし、みんなが幸せに生きられる、よりよい社会をつくるための取り組みを、過去・現在取り混ぜてお届けいたします!
講座は 2 部構成です。両方でも、どちらかのみでも、ご参加いただけます。


第 2 部 
【タイトル】
〜明治 大正 昭和 を生き抜いたヴォーリズ夫妻の生涯〜
建築のみにあらず――W. M.ヴォーリズとその妻・満喜子がこの国に遺した、壮大な夢と祈り

【時間】15:30 〜 17:00
【会場】ひと・まち交流館 京都 第 4・5 会議室
【概要】
建築家として知られているW.M.ヴォーリズ(William Merrell Vories、1880 – 1964)。英語教師として来日したヴォーリズが京都YMCAの一室に建築事務所を立ち上げたのは 1908(明治41)年のことでした。
あまり知られていませんが、ヴォーリズは多くの日本の青年達をボランティア活動に導くと同時に、大正時代に花開いた生活改善運動に参画し、人々の暮らしの改善に貢献した人物でもあります。日本人女性と結婚し、先の戦争直前に帰化して日本人となりました。
明治・大正・昭和という日本の近代史の中に生きた二人を見るとき、単に建築家としてだけでなく、こよなく日本を愛したヴォーリズのドラマが見えてくるのです。


【お申込み方法】
下記の内容を電話・ファックス・メール・窓口のいずれかでお申込ください。

・講座タイトル
・参加者氏名
・団体名 (あれば)
・電話番号
・Fax 番号もしくはメールアドレス

※第 1 部、第 2 部どちらの講座に参加するか明記してください。どちらにもに参加することができます。


詳細はこちら
https://shimisen-kyoto.org/lecture/6610 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
この情報は、「統括団体」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ