ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > 団体活動報告 > 平成30年3月26日(日)草内・木津川探鳥会
平成30年3月26日(日)草内・木津川探鳥会

参加者数:37名/見聞鳥数:44種

集合時間前にイソヒヨドリの♂が興戸駅の上に来て出迎えてくれました。
常盤苑付近の農業用溜池は、春を迎えて普賢寺川からの水入れ作業と重なって、人の出入りが多く、 期待していたシギ・チドリの姿はないに等しいものでした。
しかし、少し離れた田起こし後に水が溜まっている田圃にコチドリ、イカルチドリ、 クサシギがいて、畦でタシギが顔を後ろに向けて一休みしていました。
普賢寺川から草内田園ではバン、コガモ、ヒクイナ、ケリ、アオサギ、ヒバリなどが見られました。
3月初旬までは観察できたタゲリ、ミヤマガラスは、もう渡ってしまったのか、見当たりませんでした。 
穏やかな日差しの中を山城大橋に向けて進む途中、上空にオオタカ、ノスリ、ハイタカを見られた方もいました。
山城大橋付近の草原で弁当休憩をしているとアオジ、ホオジロが現れ、セグロセキレイ、ハクセキレイが 川の上を飛び回って虫を捕らえていました。
木津川堤防から神矢樋門に向かう途中にカワアイサ、ダイサギ、コサギが見られ、アトリが川原の藪から 飛び出ては戻る動きを繰り返していました。
アトリは雑食性ですので、空中で虫を捕まえては戻っていた のではないでしょうか。 
神矢樋門から馬坂川沿いに府営団地に向かうと、カルガモにイソシギがいて、エナガにシジュウカラが姿を現し、 カワセミまで飛んでくれました。
府営団地前で鳥合わせの後、新田辺まで歩いて解散しました。

   イソヒヨドリ♂

     ケリ
    ホオジロ♂
この情報は、「京都野鳥の会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ