ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > 団体活動報告 > 平成30年11月25日(日)/ 西の湖探鳥会
平成30年11月25日(日)/ 西の湖探鳥会

参加者数:20名/見聞鳥数:37種

数日前に木枯らし1号が吹いて本格的な寒さ到来のはずが、穏やかな探鳥日和でした。
日本遺産「琵琶湖とその水辺景観」を巡るシリーズで、安土西の湖から近江八幡の水郷地帯の水辺や葦原に冬鳥を探した。
湖面一杯に鴨類が散在していた。越冬する鴨類は殆どそろっていたが、量的には少ない感じであった。
冬鳥のツグミやジョウビタキを確認したものの、葦原は至って静かであった。
たまに葦原に飛び込む小鳥の確認に苦労した。その中でもアオジ、オオジュリンやホオジロが目に留まった。
杭に留まり食事中のミサゴが餌を掴んだまま飛び立ち奥の杭で食事し直した。
葦笛ロード脇の休憩地で一息ついている時、葦原の上空、チュウヒ同士のバトルにしばし見入った。
園地で昼食後、いつもと異なり白王口まで足を伸ばした。周囲の山の紅葉は心無し少ない感じを受けた。

 カンムリカイツブリ

 魚を獲って杭の上に留まったミサゴ
   オオジュリン
この情報は、「京都野鳥の会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ