ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > イベント・講座の開催 > 5月度講演会
件名 5月度講演会
ひとことメッセージ 京都技術士会は、技術士を中心にした京都を本拠に活動する任意団体です。科学技術は日本を支える根幹となるものと考え、講演会・見学会開催、技術支援活動、子ども理科支援活動などを行っています。
 
内容 京都技術士会では2019年5月度の例会として、技術講演会を開催致します。今回は2つの講演があります。一般市民の皆様にもご興味を持って頂けるテーマでお話をして頂きますので、一般の方のご参加大歓迎です。多くの方のご参加をお待ちしております。講演会後には懇親会も用意しておりますので、講師や技術士との交流にご活用ください。
             記
日時:5月18日(土)
 受付 13:30〜
 講演会 14:10〜16:45 
 諸連絡 16:45〜16:50 
 懇親会 17:30〜19:30

場所:ひと・まち交流館 京都 大会議室(2階)

機ス岷蕾
【講演1】講師:山口朋一(ヤマグチトモカズ)氏 技術士(化学)(元パナソニック株式会社)
演題:「雷を吸う石・バリスタ」 
要旨:電子機器の小型・高性能化に伴い電子部品等の高電圧サージに対する耐久性は小さくなって来ている.これらの電子機器を高電圧サージから保護するサージアブソーバについて紹介する.各種サージアブソーバを比較すると共に,特に広い範囲で応用されている酸化亜鉛を用いたバリスタについて,その動作原理及び技術動向などについて紹介する。
【講演2】講師:浦久保孝光(ウラクボタカテル)氏
(神戸大学大学院システム情報学研究科情報科学専攻准教授)
演題:「電動VTOL型ドローンの研究開発について」
要旨:ドローンの普及が進む中,より長距離を高速で飛行できるティルトロータなどのVTOL(Vertical Take Off and Landing)型ドローンの研究開発が進んでいる。とくに電動化に伴い様々な機体が開発されており,最近ではeVTOL(electric VTOL)と呼ばれることも多い。本講演では,eVTOLの特徴や開発動向を概説するとともに,講演者らが開発を進める機体について紹介する。
供ズ親会(会員、一般参加者)17:30〜19:30     
   会場:さざんか亭六角店(東木屋町通三条下ル第6観光ビル)Tel 075-255-0951
掘セ臆暖
講演会 1,000円
懇親会 4,000円
当日、講演会場受付で徴収します。
検タ修傾み方法
下記の京都技術士会ホームページへアクセスし、「行事案内」のページの「例会申込」をクリックして京都技術士会例会申し込みフォームへ入り、開催月[5月例会]を選択し、必要事項を入力、及び選択(講演会:参加/欠席、懇親会:参加/欠席)の上、確認ボタンを押してお申し込み下さい。
ホームページ http://kyoto-pe.com/  
イメージ画像  
対象 どなたでも 
参加費 講演会:1,000円(資料代)、懇親会:4,000円 
講師 山口朋一氏 技術士(化学)、浦久保孝光(ウラクボタカテル)氏 (神戸大学大学院システム情報学研究科情報科学専攻准教授) 
定員 100人 
日時 2019年5月18日(土) 受付13:30〜、講演会他14:10〜16:50 懇親会17時30分頃〜 
場所 ひと・まち交流館 京都 2階 大会議室 
地図

(画像をクリックすると拡大します)
申込方法 ホームページ(http://kyoto-pe.com/ )へアクセスし例会申し込み画面から申込。 
申込締切 懇親会申し込みは5月10日まで 
問い合わせ先 京都技術士会へメール(info@kyoto-pe.com
  
主催 京都技術士会 
関連URL http://kyoto-pe.com/ 
この情報は、「京都技術士会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ