ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > 団体活動報告 > 令和元年7月14日(日)/ 山科川探鳥会
令和元年7月14日(日)/ 山科川探鳥会

 参加者数:17名/見聞鳥数:21種

梅雨の真っただ中で、前日まで天気の悪い予報が出ていましたが、幸い朝のうち小雨が降った程度で、それほど暑くない天気になりました。
六地蔵から山科川を上流に向けて出発するとスズメ、ムクドリ、ツバメがたくさん見られました。
川にいるカモは交雑種が多かったです。
石田の旧ゴミ焼却場の煙突にハヤブサが止まっていました。そのうち2羽になり、今年生まれの幼鳥かもしれないと言っていたら
ジュニアのF君が背中の羽の色が黒く成鳥ですと言ってくれました。なぜなら幼鳥の羽の色は褐色で黒くなるのに8か月くらいかかると教えてくれました。
セグロセキレイの若鳥や(白い部分が多い)、スズメの幼鳥も(尾羽の短い)たくさんいました。
残念ながらカワセミ、ササゴイは見られなかったのですが、久しぶりの探鳥会でゆっくり鳥を見ながら散策出来て満足しました。

   ダイサギ
   ハヤブサ♂
    ツバメ
この情報は、「京都野鳥の会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ