ホーム 市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > お知らせ > [ご注意ください]京都市市民活動総合センターに成りすましたメールへの注意喚起
件名 [ご注意ください]京都市市民活動総合センターに成りすましたメールへの注意喚起
内容  昨年秋頃から、インターネット経由で被害をもたらすマルウェア「emotet(エモテット)」による被害拡大が報告されております。
 このemotetは、あたかも関係先をはじめとして、これまでやり取りしていた相手からのメールだと錯覚させてメールを開かせ、感染させるというものです。
 この度、市民活動総合センターが発行するメールマガジンe!potを装う偽メールの存在を発見しました。今後、当センターのご利用者のみなさまと当センターの間のメールでのやり取りを妨害するようなケースも想定されますことから、下記の通り注意喚起のおしらせをいたします。
 なお、当センターでは、ウィルス対策にとどまらずネットワークの監視、セキュリティ意識向上の啓蒙を職員に行っており、emotetに感染したPCはありません。

         記

1.Emotet関連での不審メールの特徴
新たな「なりすましメール」は、これまで送られてきたものと異なり、以下の特徴があります。
(1) 実在の件名や Re: ではじまる実在の返信の件名が使われている
(2) 本文が日本語で、組織名や実在する人物の名前が記載されている
(3) 本文に以前やりとりした引用文(履歴分)等が用いられる
(4) 送信元のメールアドレスがいつもと違う
(5) マクロの動作を求めるWordやExcelファイルが添付されている
(6) 添付ファイルがなく、リンクの場合もある

2.このような不審メールが届いた場合のご対応
 万が一、当センターや普段からメールのやり取りをしている人たちを名乗ったメールが届いていた場合でも、ドメインが異なる場合には正当なメールではありません。ドメインとは、メールアドレスの@以下の文字列をいい、当センターのドメインは、@hitomachi-kyoto.jpです。このドメイン以外から届くメールは、たとえタイトルや発信者名が当センターを想起させるものであっても、当センターからのお知らせではありません。メールを開いたり返信したり、また転送しないようお願いいたします。
 万が一、こうしたメールを受信された場合は、メールを開かずに削除し、被害拡大を防ぐためご協力をいただきますようお願い申し上げます。

(ご参考) emotet 対応Q&A
https://blogs.jpcert.or.jp/ja/2019/12/emotetfaq.html?fbclid=IwAR3P-b0epzGdPJw9oZJY6ZMf7xxKVQWl71IcVXBtUuCJLSjUHm20H8oxrgU

2020年2月7日
京都市市民活動総合センター
 
この情報は、「統括団体」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ